イベント検索

施設:
開催日:
ジャンル:
検索
上にもどる

ためしてハニカム 5-11

伝声管

5-11 伝声管

 

遠くまで声が届くわけ
伝声管は、電気を使わずに、長い管を通してはなれた場所と話をするための道具です。映画の昔の船のシーンなどに、はなれた場所で直接会話する場面がしばしば登場します。【写真1】

声が空気中を自由に伝わる場合は、池に石を投げ入れた時の円形の波紋と同じで、その波は進むにつれて広がっていく球面波となります。距離が遠くなるほど聞き手の耳に届く波のエネルギーは小さくなり、声が聞こえにくくなります。【図1】

しかし、細い管の中では波が広がらず、平面波として直線に近い形で伝わっていきます。【図2】
平面波は、波のエネルギーがあまり減らずに遠くまで伝わるので、遠くに声を届けることができるのです。

5-8

【写真1】氷川丸の操舵室にあった伝声管
機関室、船長室などとつながっていました。

5-11_1

5-11_2