1. HOME > 
  2. 天球劇場について

美しい星空と壮大な宇宙を体感できるプラネタリウムです。
天球劇場では、毎日、その日の夜の星空を解説員がご案内いたします。可視化した宇宙を飛行して様々な天体をめぐったり、迫力のドーム映像の番組を上映したりと、様々なプログラムをご提供しています。
会場をご利用いただくことも可能です。

プラネタリウムについて

天球劇場は、最新のシステムにより、美しい星空、壮大な宇宙を体感できるプラネタリウムに生まれ変わりました。
大きなドームに美しい星空や臨場感ある映像を映しだすため、光学式とデジタル式の2つの投影機を設置しています。

美しい星空→光学式プラネタリウム
次世代型最新鋭プラネタリウム→デジタルプラネタリウム
連動renew01 次世代型最新鋭プラネタリウム
「プレアデスシステム」
  • tenkyu_img02_thumb
  • tenkyu_img03_thumb
  • tenkyu_img04_thumb

光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-IIA(ES)」

星の数が驚くほど増えて、天の川もとってもリアル。
地球上から見ることのできる最高の星空を再現します!

どんなに視力の良い方でも、実際の空で人間が見ることのできる星の明るさの限界値は6等で星の数は約4,000個です(個人差があります)。これは人間の目の感度で決まっています。メガスターでは13等程度までを表現しており、天の川に集まるたくさんの恒星たちも含めて、星の数は約1,500万個です。
星の光源となっているのはLEDの光で、恒星の位置に正確に孔(あな)をあけた恒星原板と投影レンズを通してドームに星の像を結びます。

デジタル式プラネタリウム「Uniview」

ハイビジョンを超える解像度をもつ2台の高精細プロジェクターにより、プラネタリウムのドームいっぱいに広がる美しい映像をお楽しみいただけます。

コンピューターグラフィックス(CG)による映像をビデオプロジェクターで投影するのが、デジタル式プラネタリウムです。
ユニビューは、途切れのない高解像度4K(4,096×4,096)の映像を、2台のプロジェクターを使ってドーム全体に投影することが可能です。宇宙の地図が搭載されており、瞬時にどこへでも飛んでいくことができます。また地球や土星、木星といった惑星はもとより、ISS(国際宇宙ステーション)などのCG3次元モデルもクオリティー高く視覚化されており、とても臨場感があります。

スクリーン

キレイになったスクリーンによって、映像がより鮮明で見やすくなっています。

座席

座席の前後の間隔が広くなり、今まで以上にゆったりくつろげます。

※中央より上の約100席分のみ(座席数は全部で226席)

音響・照明

明瞭な音に包まれるサラウンドシステムや、クリアな灯りのLED照明が、心地良い空間を演出します。

5月の休館日

<<前の月 次の月>>
  • 施設のご案内
  • ミュージアムショップ